経営管理の基本知識と課題点を解説!理解を深めて改善に役立てよう

『経営管理』という言葉自体はよく耳にするけど、具体的にはどういう業務のことを指すのかを知っている人は少ないのではないのでしょうか。企業の安定やさらなる躍進のために必要となるのが経営の見直しであり、そのためには経営管理に関する正しい知識を持っていなければいけません。この記事では、経営管理における基礎知識や改善に際するポイントについて紹介していきます。経理や総務、人事など企業の運営側で働いている方も、ぜひ参考にしてみてください。

本記事の内容:経営管理における基礎知識や改善のポイント

経営管理の基本

経営管理を進める前に、経営管理の基本を理解することや、経営企画との違いを把握しておきましょう。ここではそれらの特徴なども含めて解説していきます。

経営管理とは

まず「経営管理」について理解することから始めましょう。経営管理とは、企業の目標や利益の促進を達成するために、業務調整や統括を行うことをいいます。

企業が掲げるビジョンや目標の達成をするためには、事業部単位や企業単位で行うだけでなく、グループ企業全般を動かす場合も少なくありません。ビジョンの実現のためには各部門や従業員の意識統一が大きな課題であり、経営管理によってその方向性を統一していきます。経営管理は企業が目標を達成するための重責を担っているといえるでしょう。

経営管理の具体的な内容として「生産管理」「販売管理」「人事・労働管理」「財務管理」が挙げられます。それぞれの業務には専門的な知識が必要であり、また、各部署との連携なしに経営管理は成り立たないでしょう。さらに、情報分析能力や調整力、生産効率化といったスキルも求められます。

経営管理の目的

経営管理を行う目的として、企業で働く従業員のベクトルを合わせることが挙げられます。従業員には企業経営者の意思決定を共有し、会社としての方向性を示さなければいけません。そのためには、経営ビジョンや目標に適した「戦略」、目標を達成するための「ベクトル」(方向性)の決定が必須です。掲げた目標や計画の「実現可能性」も大事なポイントになります。

求められる役割は部署や役職などで異なりますが、各自の積極的な取組みが必要なのは言うまでもありません。従業員のモチベーションを向上させるためにも、経営管理が重要なのです。

経営企画との違いとは

経営管理と類似する業務に「経営企画」があります。経営企画では、企業の経営計画に不可欠な経営戦略などの策定を行う他、予算の策定や経営のサポートをすることから「企業の舵取り役」とも言えるでしょう。

経営に関する用語として「PDCAサイクル」という言葉がよく挙げられます。「PDCA」はそれぞれ「Plan=企画」「Do=実行」「Check=点検」「Action=改善」という意味ですが、一般的に「Plan」と「Action」を経営企画、「Do」と「Check」を経営管理が担当しています。

企業の業績アップには、企画における「Plan」「Action」が大きな鍵を握りますが、せっかくの企画も「Do」「Check」の機能が働かなければ、円滑な運営はできないでしょう。その逆もしかりであり、企画や戦略がないと経営管理が成り立たちません。 経営管理を行うためには、経営企画との役割の違いを理解・把握した上で、お互いに連携しあうことが大切だということを覚えておきましょう。

経営管理を進めるために必要な知識と種類

経営管理を進める前に、経営管理の具体的な種類や求められるスキルを把握する必要があります。ここではそれぞれについて解説していきましょう。

経理管理の種類

経営管理には下記の3つの柱があります。企業内での仕組みはもちろん、それぞれの役割をしっかり捉えることで、効率的な経営管理の実現につながってきます。

人の管理

「人の管理」の観点からみる経営管理とは 、いわゆる「人事部門」が担当するもので、従業員のモチベーションや企業全体のパフォーマンスにも影響を及ぼします。具体例として人事考課制度の見直し、社内研修や就業規則の改定などがあげられます。

物の管理

次に物の観点からみる経営管理とは、 生産や販売はもちろん、商品や商材の品質管理などを指します。商品の品質改善、運用フローの見直しなども対象です。さらに、顧客からのクレーム対策、マーケティング調査、新商品の開発なども欠かせません。単なる商品品質の向上だけではなく、ユーザー満足度に大きく関わる経営戦略の一つとして大事と言えます。

金の管理

最後に、企業経営には、企業の体力となる財務面が大きな鍵を握ります。よって財務的な視点から企業の売上や費用の管理を行う必要があります。キャッシュフローの観点、税務的な観点といった、さまざまな側面の「数字」による流れを把握することが大切です。

経営管理に必要なスキル

経営管理を進めるためには、前述したように経営企画との連携が必要となります。また、積極的に経営に関わることも大切です。経営管理に求められるスキルには下記のようなものがあります。

経済・マーケティングの知識

企業を経営するためには、経済・マーケティングの知識を持つことが重要です。トレンドや市場を的確に把握するのはもちろん、新たなニーズを知るための調査や分析も欠かせません。既存のノウハウに頼るのではなく、多様な側面から可能性を見出せるスキルが必要です。

思考力や分析能力

経営管理を行うには、生産や販売などの実績をデータ化する必要があります。しかし、数字を眺めているだけでは得策とはいえません。経営管理には、データによる気付き、いわゆる論理的な思考力や分析能力が求められるのです。また、支店やグループ企業など全体の状況を知る必要があります。組織が大きくなるほど業務プロセスも煩雑になるため、的確な思考力や分析能力が求められるでしょう。

各部署を巻き込むため、柔軟さも必要

企業の業績アップには、各部署が協力しあうことが大切です。企業の経営は現状維持するだけでなく、業務や組織の見直しも必要になってきます。たとえば、組織内部を強化するには、人事管理部署や財務管理部署との連携が欠かせません。また、組織を再編成するためには、各部署を巻き込んで行う必要がでてきます。多くの社員に協力してもらう必要がある以上、社員間で柔軟に対応できるかどうかが大事なポイントになります。

臨機応変に立ち回る対応力

組織改善といった大掛かりな業務には、臨機応変に立ち回る対応力の有無も問われます。企業の業績アップには具体的な目標を掲げる必要があり、過去の業績の分析といった準備も必要ですが、入念に計画しても思い通りに進むとは限りません。

そのような場合、臨機応変に対応できるかどうかが大きな鍵になるのです。そのためには、各部署の実情を知っておくことが大切です。組織内の風通しを良くするためにはコミュニケーション能力が要ることも把握しておきましょう。

経営管理の改善方法とポイント

企業の業績を向上させるには、管理会計にもとづく経営管理者の意思決定が必要となります。その為には現状の経営管理の見直し、改善も欠かせません。ここでは経営管理の改善方法とポイントについてお話していきましょう。

経営管理を改善するメリット

企業の経営状態が上向きになることで、従業員のさらなるモチベーションアップにも結び付きます。業績の向上に繋げるためにも、定期的に経営管理を見直し、改善していくことが重要となってきます。

経営管理の改善ポイントと方法

【1】部署ごとに対策を立てる

企業には生産や販売など多くの部署があり、経営規模が大きいほど組織が複雑になってきます。そのため、企業経営者や管理職が把握しきれない課題も少なくありません。現場に足を運んで初めて気づくこともありますので、積極的に足を運ぶことが重要でしょう。

その上で、部署ごとに対策を検討することが大事なポイントになります。企業全体の業績を把握することはもちろん大切ですが、それだけではなく部署ごとの業績を知る必要があります。特に業績が停滞している部署には、早急に適切な対策をしなければなりません。

【2】管理システムを有効活用する

経営管理を円滑に進めるためには、IT技術を積極的に活用しましょう。システム(仕組み)の統合により一元管理を行う「経営管理システム」の導入が理想的です。 ツールによっては、大幅なコストカットや業務時間の削減が実現できます。 具体的なツールには次のようなものがあります。



データ分析ツール

マーケティングや財務管理などに役立つツールで、経営分析に特化した機能が多い点にも注目されます。確認作業を軽減するためには、すべてのデータをクラウド上で管理することで、欲しい情報が容易に導き出せるのも大きなメリットと言えるでしょう。

営業支援ツール

営業活動には、顧客情報管理や案件の進捗状態などをスムーズに把握できる状態が大切です。営業支援ツールの導入により、営業活動の可視化や業務の効率化だけでなく、受注率アップなども期待できます。

会計システム

仕訳作業などを自動で行うツールで、業務時間の削減に役立ちます。経理や簿記を行うには商業簿記などの知識が必要となりますが、会計システムを導入すれば決算書の作成はもとより確定申告も効率的に進められるようになるでしょう。

マーケティングオートメーション

マーケティング活動の可視化・自動化を行うツールで、インターネットを駆使したビジネスには欠かせません。見込客の発見や育成・選別に繋げられる他、サイトのトラフィック、メールの自動送信などに役立ちます。

さいごに

企業の安定経営や業績アップを進めるためには、まずは企業が抱える現状と向き合うことが大切です。そのためには、経営管理の基礎知識を身に付けるのはいうまでもありません。また、企業が抱える課題を見つけ、適切な対策をする必要がでてきます。今一度、経営管理の視点から自社の現状を分析・把握し、改善手法を探ってみましょう。

マイナビBTM トライアルキャンペーン実施中!

キャッシュレス出張・経費削減・出張の見える化を実現しませんか?
【出張手配・管理サービス マイナビBTM】の導入効果が実感できる、トライアルキャンペーンを期間限定実施中!
■ 3つのキャンペーン特典
・月額利用料39,500円~が最大3ヶ月無料!
・初期導入費150,000円が無料!各種サポートあり
・導入効果レポートを無料作成サービス
※キャンペーン期間:2020年7月1日~2020年9月30日

関連カテゴリ、タグ

業務改善カテゴリの最新記事