管理会計とは?|管理会計を取り入れるメリットと有効な活用方法を紹介

事業経営を行ううえで、自社の状況を管理するのはとても重要だといえます。適切な経営を実行するために、多くの企業で導入されているのが、「管理会計」という仕組みです。管理会計を活用することで、経営に関するさまざまな情報を集積し、分析ができるようになります。今回は、事業や業務の改善に役立つ管理会計について、財務会計との違いなども含めて紹介します。

本記事の内容:管理会計の種類とメリット、取り入れる際のポイントの解説

管理会計とは?

管理会計は事業の改善に役立つ仕組みですが、ただ導入するだけでは効果を発揮しません。どう役立つのかを知り、目的をもって活用することが大切です。管理会計とは何かについて見ていきましょう。

管理会計とは?

管理会計とは、自社の経営に活用するために作成する社内向けの会計を指します。自社の経営状況を数値化および可視化することで、今後の経営方針や業務改善を考えるための基礎データとなります。経営判断や新たな事業へ取り組む際の意思決定の場で用いることができるものであり、一言で表すなら経営や管理など、マネジメントに用いる会計です。あくまで社内向けの会計であるため、管理会計の様式や項目などは必要に合わせて設定します。”

財務会計とは?管理会計との違いは?

企業における会計には、管理会計とは別に財務会計があります。管理会計と財務会計は、それぞれ異なる目的やルールがあるため、その違いを理解しておくことが必要です。どのような違いがあるのかについて解説します。

財務会計は、株主や金融機関など社外の利害関係者に提出する会計資料です。会社の経営状況や財務状況を説明し、把握してもらうために利用します。また、税金計算の際にも用いられるものであり、さまざまなルールがあります。たとえば、法律によって報告・提出に期限が設けられていたり、すべての会社に作成上の基準が適用されたりするのです。財務会計には、損益計算書や貸借対照表のような書式が決まっているものが求められます。管理会計は社内で利用するものであるため、「社内の人間が理解できればよい」のに対し、財務会計は「誰にでも理解できる」ことが必要です。

管理会計の具体例

管理会計は、会社ごとに導入される形が異なります。自社に合った仕組みを作るためにも、まずは一般的に導入される管理会計の種類について見ていきましょう。

#予算管理

来年度または中長期的な期間において、予算を管理しながら経営につなげていく仕組みを「予算管理」と呼びます。経営に必要な資源について、どの程度の調達が必要かを把握するために活用されるものです。一定期間ごとに予算を組み、その実績についてチェックしていくことが重要です。予算と実績を管理すれば、達成度をチェックしながら、さらに効率的な経営計画を立てられるようになるでしょう。

#月次決算

月次決算は、月ごとの営業成績や経費の状況を明らかにすることを目的に作成される会計です。経営陣がリアルタイムな経営状況を把握するために利用される資料であり、予算と実績を月単位で迅速に比較できるため、意思決定のスピードが向上するというメリットがあります。

#原価管理

原価管理は、おもに製造業で活用される管理会計です。原材料費や人件費、設備費などの原価を前もって把握し、コストを可視化させることができます。原価管理はまず1つの商品を作るための原価について、目標となる基準値を設定し、実際にかかった原価との差を把握することが大切です。そのうえで、適正な原価を探っていくことで、コストの管理に役立てられます。

#業績評価

自社の業績を正しく評価するために、管理会計を導入する会社も多いです。管理会計で特に重視される業績とは、「限界利益」を指します。限界利益は売上高から変動費を引いたものであり、限界利益が固定費を上回っていなければなりません。もし継続的に、限界利益が固定費よりも低くなっている場合、営業利益や経常利益が黒字であっても、「利益で固定費が賄えていない状態」になっているからです。固定費型企業では、変動費が比較的小さいため、営業利益などと限界利益の乖離は小さく、限界利益をそれほど重視しなくてもよい場合もあります。しかし、変動費型企業では限界利益をしっかりと把握しないと、経営の実態を見逃す可能性があるため注意が必要です

マイナビBTM マイナビBTM

身近なところから、業務改善はじめませんか?

資料ダウンロード

管理会計を取り入れるメリットと有効な活用方法

管理会計を導入する前に、まずはどのようなメリットがあるのかを理解しておきましょう。そのうえで、自社に必要な管理会計の仕組みを考えることが重要です。管理会計を取り入れるメリットと有効な活用方法について紹介します。

#コスト削減につながる

管理会計によって、「何にいくらかかったのか」を科目ごとに確認し、分析できるようになります。ムダな支出があれば、すぐに削減のために対応策を講じることができるため、その結果、コストを抑えられるようになるでしょう。また、必要な費用であっても、「本当に適正な価格か」を洗い出すことができます。原価や設備費などのコストから出張費などの細かな経費まで、支出の適正化が行われれば、コスト削減による経営改善を進められます。経理の情報を担当者だけでなく、経営者や現場担当者まで共有することによって、効率的なコストダウンにつなげられるのです。

#業績管理がなされ、予算管理もしやすくなる

部門ごとに損益を把握できるような管理会計を導入すれば、「どの部署がいつまでに、どの程度の売上目標を達成すべきか」が明確になります。そのため、業績の管理や評価がしやすくなるのです。同時に予算についても部門や部署に応じて、柔軟に対応できるようになるため、経営計画を立てやすくなるでしょう。また、財務諸表となった情報を会社の内部だけでなく、外部の専門家とも共有することで客観的な経営判断にもつなげられます。

#スピーディーに必要な施策の意思決定ができる

月次決算のように短い期間における業績を確認できる管理会計を用いれば、経営における意思決定が早くなります。特に、経営にとってマイナスな状況を素早く把握し、対応するのは重要です。経営陣が常に最新の経営状況を理解し、適切な施策を実施するためにも、管理会計は役立ちます。”

管理会計を導入して業務改善につなげよう

管理会計は財務会計とは異なり、自社の独自な基準で作成できます。会社の現状を社内で共有したり、経営陣が迅速に意思決定をしたりするために活用するものであり、必要に応じて作成することが重要です。どのような情報が必要かという点を意識して管理会計の仕組みを導入できれば、経営改善につなげられます。管理会計の導入には専用ソフトを利用したり専門家に相談したりする方法もあるため、検討してみると良いでしょう。


マイナビBTM トライアルキャンペーン実施中!

キャッシュレス出張・経費削減・出張の見える化を実現しませんか?
【出張手配・管理サービス マイナビBTM】の導入効果が実感できる、トライアルキャンペーンを期間限定実施中!
■ 3つのキャンペーン特典
・月額利用料39,500円~が最大3ヶ月無料!
・初期導入費150,000円が無料!各種サポートあり
・導入効果レポートを無料作成サービス
※キャンペーン期間:2020年7月1日~2020年9月30日

経費削減カテゴリの最新記事